ガンとは生活習慣病のひとつです。 ガンには大腸、子宮、すい臓、胃、食道、喉頭、肺、胃、肝臓、前立腺、皮膚、膀胱、直腸、卵巣、乳、腎臓、胆道など色々な臓器のガンがあります。 喫煙、飲酒、運動不足、ストレスなどの生活習慣を見直し免疫力をつけてガンを撃墜しましょう!

子宮がん

子宮がんとは、女性の子宮部分に発生する悪性腫瘍のことで、がんの発生部位によって、子宮頸部がん子宮体部がん(内膜がん)に分けられます。

子宮頸部がんは、外子宮口付近に発生することが多く、検査することによって比較的早期発見が可能です。
子宮頸部がんのリスク要因は、低年齢での初交、性的パートナーが多い、多産、他の性行為感染症などの他、経口避妊薬の使用や喫煙などもあげられています。

子宮体部がんは子宮の内側にある子宮内膜から発生します。
strong>子宮体部がんのリスク要因としては、閉経年齢が遅い、出産歴がない、肥満、エストロゲン産生がんなどの他、糖尿病、高血圧のある女性に多いとのデータがあり、食生活と深く関わりがあるようです。

子宮がんの初期症状としては以下のような症状があります。

・おりものが異常に多くなる。

・生理以外の時に出血がある。

・性交時に出血がある。

・排尿痛や排尿困難になる。

がんは、やはり早期発見が大事になってきますので定期的な検査に行きましょう。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。