ガンとは生活習慣病のひとつです。 ガンには大腸、子宮、すい臓、胃、食道、喉頭、肺、胃、肝臓、前立腺、皮膚、膀胱、直腸、卵巣、乳、腎臓、胆道など色々な臓器のガンがあります。 喫煙、飲酒、運動不足、ストレスなどの生活習慣を見直し免疫力をつけてガンを撃墜しましょう!

抗酸化物質とは

酸素は人間には不可欠ですが余分な酸素は体の中で活性酸素になり体に必要なタンパク質やDNAなどを酸化させてしまいます。

この活性酸素によって、金属が錆びてしまうように人間の体内も錆びてくる、すなわち老化やがんなどの生活習慣病の原因になってしまいます。

この活性酸素を除去する働きをもつものを抗酸化物質といい、野菜や果物に多く含まれています。体表的なものはビタミンE、ビタミンC、βカロテンなどで抗酸化ビタミンと呼ばれています。

また植物には紫外線による活性酸素を消去するためフィトケミカル(またはファイトケミカル)という化学成分が含まれています。主なフィトケミカルにはカロテノイド、ポリフェノール、アントシアニン、イソフラボンなどがあります。

このフィトケミカルが多く含まれる野菜や果物を多く摂る方は免疫力が強化されがんなどの生活習慣病にかかりにくくなるといわれています。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。