ガンとは生活習慣病のひとつです。 ガンには大腸、子宮、すい臓、胃、食道、喉頭、肺、胃、肝臓、前立腺、皮膚、膀胱、直腸、卵巣、乳、腎臓、胆道など色々な臓器のガンがあります。 喫煙、飲酒、運動不足、ストレスなどの生活習慣を見直し免疫力をつけてガンを撃墜しましょう!

癌(がん)について

ガンとは生活習慣病の中でも心筋梗塞などの虚血性心疾患、脳血管障害(脳卒中)と共に3大生活習慣病と呼ばれています。

人間の体にできる腫瘍のうち悪性腫瘍がガンといわれているものです。何かの要因で1つの正常な細胞が傷つきガン細胞に変化すると次々に異常繁殖して増えていきます。そして血液やリンパから他の場所へ転移していくのです。

ガンは特に死亡率の高い病気ですが、早期発見・早期治療すれば死に至るものではありません。

ガンになる要因としては遺伝、年齢、性別に加えて長年の生活習慣が大きく関わっています。喫煙、飲酒、塩分や脂肪分の多い食事、ストレス、薬の副作用、免疫力の低下などが考えられます。

ガンに限らずどの病気でもいえますが、できることならば禁煙、断酒、栄養バランスのとれた食生活、適度な運動、ストレス解消を行い生活習慣を正すことでかなりの予防は可能です。

また早期発見のために定期的な健康診断はとても大事になってきます。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。